0952-22-5500

MENU

-rehabilitation-

尿漏れ予防に効果あり。骨盤底筋トレーニング

「骨盤底筋」という筋肉をご存知ですか?

初めて聞かれた方も多いと思います。

骨盤の底にある筋肉で、排泄のコントロール、骨盤の安定化、性機能のアシスト、骨盤内の臓器を支えるという役割があります。

骨盤底筋が弱ってしまうと頻尿、尿漏れ、便失禁、骨盤内臓器の下垂などが起こってしまいます。

特に女性は出産後に骨盤底筋が損傷してしまい、尿漏れや頻尿などの症状を起こしてしまわれる方が少なくありません。

デリケートな部分でもあるので、なかなか人には相談しにくいですよね・・・。

しかし骨盤底筋は鍛えることができます。そして鍛えることで尿漏れや、頻尿などを改善したり頻度を軽減できると言われています!

そこで今回は骨盤底筋トレーニングについて紹介したいと思います。

トレーニングを行う時の姿勢は、仰向けになり両膝を曲げます。

次に肛門、尿道を「ぎゅー」と締めるように「←」の方向に力を入れていきます。

上から見ると、こんな感じです。

難しい方は「排尿を途中で止める」感じをイメージしてみてください。

以上の運動だけでも効果はありますが、下の運動を追加しながら行うと、より効果的です。

※注)腰痛や股関節痛のある方は、痛みの増強の可能性があるのでお控えください。

足を上げて膝の間にボール(100円均一のボールで構いません)を挟みます。

ボールを押しつぶしながら「骨盤底筋」に力を入れるとより効果的です。

このとき足の親指同士をつけるイメージで、足部をしっかり押し合った状態をキープし「骨盤底筋」 に力を入れます。

今回、紹介しました「骨盤底筋トレーニング」は「ウィメンズヘルス」という女性特有の疾患の治療や予防など、女性の特有の体の構造や変化、役割に注目した医療分野があり、その中から一部を抜粋したものです。

特に高齢の女性で尿漏れや頻尿で悩まれている方は多いですが、なかなか相談しにくい症状でもあります。

尿漏れ、頻尿の原因も様々ですが、「骨盤底筋」 が弱ったことによる症状であれば改善がみられる可能性があります。

一度、骨盤底筋トレーニングを試されてみてはいかがでしょうか。

上記の文章や画像では分かりにくい方は、リハビリスタッフから説明することも可能です。

女性スタッフにて対応させていただきますので、お気軽にお尋ねください。

MENU